自分の症状を把握し、合った成分を選ぶ

サプリ

更年期サプリを選ぶ際には、まず「自分の症状をきちんと把握する」ことが大切です。 一般的に更年期に現れる症状として、イライラやのぼせ、体のだるさや抑うつ感が挙げられるかと思いますが、症状の出方は個人差がありその辛さの度合いも違いがあります。症状の原因となっているのは、主に女性ホルモンの低下によるものですが、それを補う成分に加えて、自分の症状に合った成分が配合されたものを選ぶことで、その効果を高めることが出来ます。具体的には、肌の衰えなど美容面が気になる方であれば、美容効果があるとされる成分のものを選ぶ、手足の冷えやのぼせが出ている方ならば、血行を良くする成分を含むものを選ぶという具合です。

有効成分を手軽に補給できる

サプリ

女性が更年期を迎えると、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が低下し、様々な不快症状が現れやすくなります。不調を乗り切るには、食事や睡眠、運動など日常生活に心がけるのと同時に、サプリメントの助けを借りることも非常に有効といえるのです。更年期にサプリを摂取することの利点は、副作用のリスクが少ないという点も挙げられます。例えばホルモン補充治療などは、まれに子宮内膜症等の発症や、コレステロール値の上昇を招く場合もあると言われます。サプリであればそのようなリスクを心配する必要がなく、普段の生活にプラスして手軽に補給することができます。そのような理由から、更年期には是非活用したいのがサプリメントですが、大切なのは、毎日無理なく摂取できるものであることです。お薬のように即効性があるものでないだけに、飲み続けることが大事になってきます。その為には、飲みやすさや金額も考慮に入れる必要があるでしょう。

効果があるとされる成分をいくつかご紹介

女性

更年期障害に効果があるとされる成分はいくつかありますが、代表的なものが、女性ホルモンの低下を助けてくれる「大豆イソフラボン」です。これは体の中で女性ホルモンと似たような働きをしてくれ、不快な症状の緩和に効果があると言われています。次が「マカ」という成分で、これは血流を改善し、自律神経の乱れを整えるなどの効果があるとされています。更年期にはイライラしたり気分が落ち込んだりと、メンタル面での不調を訴える方も少なくありません。自律神経を整えることで、精神面での不調が少しでも良くなれば、日常生活も大いに改善されていくことでしょう。また、最近の研究では、血行が改善することは、心理面での不調も改善する効果があるとも言われています。ただし、これはあくまでも一例であって、前述しましたようにご自身の症状に合わせて何が良いかを見極めていくことが大切です。自分に合っているなと感じたら、継続して飲み続けることで、じわじわと効果が期待出来るのがサプリメントです。最適なものを選び、辛い更年期を乗り切りましょう。

広告募集中